ブログ

サイト管理人のブログです。

ブログ一覧

脈診について

こんにちは。今回は私たちが行っている”脈診“についてお話ししようと思います。

脈診とは、脈の速さや拍動の状態、強弱など脈の性状を診て、臓腑や経絡の異常などを推察することです。臓腑や経絡という言葉は馴染みがないという方もいらっしゃると思いますので簡単に説明しますと、臓腑とは特定の内臓とそれに付随した身体の関連領域の総称のことを言います。関連領域って何?と思われる方もいらっしゃると思いますがこれに関しては東洋医学における五行学説と関連しており、話が長くなってしまうので今回は触れません。シンプルに臓腑=内臓と考えていただいたほうがわかりやすいと思います。次に経絡についてです。
経絡とは、臓腑や皮膚、筋や骨などの組織や器官を連絡し全身に分布することで生理物質の運行や情報伝達を行う通り道とされています。


脈診はこれらの臓腑や経絡の特性や概念を考慮し加えて脈の性状を診て総合的に患者さんの状態を推察していきます。

今回は脈診について話す前段階の臓腑や経絡に関しての説明を簡単にさせていただきました。次回は脈診についてもう少しお話ししていこうと思います。

2020年07月27日

脈診について(2)(脈を診て何がわかるの?)

さて、前回の続きとして脈診についてお話しさせていただきます。
私たちが日々の臨床を行うにあたり必ず患者さんの脈を診ていきます。そうすることにより「先生、どうして私の体の具合がそんなに詳しくわかるのですか?脈を診ることで一体何がわかるのですか?」といった質問を受けることがあります。脈が教えてくれる情報量は多種多様で一言で言いつくせるものではありませんし、それぞれの治療家や流派などによっても何を診るかは様々ですが、当院では脈から一体どんな情報を得ているかの一端をお教えします。これにより当院の治療の特徴をより詳しく理解していただけると思います。


図の中に、脾、肝、腎といった3つの言葉があると思います。これに心と肺といった2つの言葉を合わせて東洋医学的五行という概念を表します。この五行といった概念は(前回のブログとは矛盾する部分もあるとは思いますが)必ずしも目に見える形で実際に存在する内臓を指し示すものではありません。当院ではこの概念を身体の三次元的な歪み具合として認識しております。患者さん自身の自律神経が脈を介してレントゲン撮影でもわからないような繊細な背骨のゆがみに関しての情報を私たちに教えてくれるのです。

2020年08月02日

脈診について(3)

こんにちは。今回も引き続き脈診について少しお話ししていこうと思います。
前回、患者さんの脈から背骨の三次元的な歪みに関する情報を診ているということを書いたかと思います。その中で脾、肝、腎といった言葉が出てきたと思います。今回は脈診でどうやって脾、肝、腎といった臓腑、関連領域の状態を診ているのかについて触れていこうと思います。
私たちが普段診ている脈は橈骨動脈という動脈の部分です。ここを人差し指、中指、薬指の3指で患者さんの左右どちらとも触れていきます。ここで更に片側を3部、左右で計6部に分けて診ます。人差し指、中指、薬指の順にそれぞれ寸口部、関上部、尺中部と呼びます。

そしてこの6部それぞれに対して臓腑が配当されています。

左手
臓腑
部位 右手
臓腑
心包

脈診はこの6部を触り分けることでそれぞれの臓腑やその関連領域の状態を推察していきます。

2020年08月07日

西洋医学と東洋医学の脈の違い

東洋医学において脈の観察をすることはとても重要で、それなしでは治療方針を立てていくこともおぼつかないほどです。            西洋医学で診る脈は主に血圧、心拍数ですが東洋医学で診る脈は前回のブログで解説した寸、関、尺といった3か所に分けられた領域とそれぞれの領域の深さ(深い順に沈・中・浮といいます)を細かく観察します。

図に示すように                                                            ①脈の性質と深さ(と呼びます)                                                  ②脈の進み具合(などと呼びます)                                                 ③脈の径の広がり具合(などと呼びます)                                          これらそれぞれを立体的に把握し治療方針を決定していくのです。 

 

2020年08月21日

運動療法の必要性

こんにちは。今回は運動療法の必要性についてお話ししようと思います。
皆さんの中で部活でスポーツをしている方や、趣味として運動やスポーツを定期的に行っている方がいらっしゃると思います。捻挫や打撲、肉離れなどは代表的なスポーツ傷害と言え皆さんの中でもこれらのケガを経験された方は多いかと思います。これらのケガを負うとまずは痛めたところを保護するために固定をすることがほとんどです。そして痛みが退いて固定期間が過ぎたら失われた機能の回復、リハビリが必要になってきます。よく痛みがなくなった=完治と思われる方がいると思いますがリハビリをせずに競技復帰をすると再発のリスクが高まります。例えば足首を捻挫した人で下の写真のようなくせが残ったまま復帰したらどうなるでしょうか。

足首が安定せず再び捻挫をしてしまうリスクが高まってしまいます。

そこで上の写真のように傷害部位の機能を回復させ再発のリスクを軽減させるために運動療法を行います。

*外傷の場合は保険が使えます。ご相談ください。

2020年08月29日
» 続きを読む